« ナショナルトレジャー/リンカーン暗殺者の日記 | トップページ | 涙涙のバート・バカラック »

2007年12月31日 (月)

魍魎の匣

京極夏彦の本は何回も読もうとするのですがどうも駄目です。あの世界に入っていけないのと本の厚さに読もうと言う気が起こらない、という理由からです。映画にも同じ事が言えそうです。登場人物がみんな仲良しで和気藹々なのは結構なんですが、なんだか入っていけない。映画館全体もそんな雰囲気で、劇場版機動戦士ガンダム、を観たときと似たものがありました。あの世界、好きな人は好きなんでしょうね。戦中から終戦直後の猥雑でおどろおどろしい世界。でも現実の方がもっと猥雑でおどろおどろしいと思っている人間にとってはどうも馴染めませんでした。ゴメンナサイ。

|

« ナショナルトレジャー/リンカーン暗殺者の日記 | トップページ | 涙涙のバート・バカラック »