« てれすこ | トップページ | アイアムレジェンド »

2007年12月11日 (火)

椿三十郎

黒澤明大先生他の脚本を一切いじらず、森田芳光監督がメガホンを取った意欲作?です。その後のチャンバラ物を変えたというあの有名な、ドバーっと血が吹き出るラストシーンはさすがにそのまま使わず手が加えられていましたが、ほとんど旧作のまんまです。プロデューサーの角川春樹氏いわく「当初、隠し砦の三悪人か七人の侍をやろうと思ったけどリメイクの権利が高くて・・」結果、椿三十郎になったらしいです。観終わった後、もし椿三十郎が織田裕二じゃなくて役所広司で室戸半兵衛が豊川悦二じゃなくて渡辺謙だったら、どうだったろうかと思いました。老中の睦田の役は藤田まことがやってましたが、これも「帝都大戦」で加藤の役をやった人、名前忘れた、の方がよかったんじゃないかと・・・。あっ、名前思い出しました、嶋田久作です。やっぱり旧作いや久作の方がよかったなぁ。おあとがよろしいようで。

|

« てれすこ | トップページ | アイアムレジェンド »