« バイオハザードⅢ | トップページ | 椿三十郎 »

2007年12月11日 (火)

てれすこ

勘三郎、柄本明、小泉今日子の三人が繰り広げる弥次喜多道中記です。とはいっても十返舎一九の東海道中膝栗毛ではなくて「てれすこ」「狸賽」「野ざらし」等々落語の話を組み合わせた時代喜劇でした。思わずフランキー堺主演の「幕末太陽伝」を思い出しました。それにしてもやっぱり勘三郎はうまいです。江戸弁が立て板に水です。柄本明も笑わせます。キョンキョンが演技を忘れて笑ってるようなシーンもありました。久しぶりに時代物の面白い喜劇を観て新鮮な気がしました。この手に路線大好きなんですよね。子供の頃テレビにかじりついて見ていた「素浪人花山大吉」みたいな軽いノリの時代劇。あんな番組また出来ないでしょうかね。

|

« バイオハザードⅢ | トップページ | 椿三十郎 »