« ファンタスティックフォー銀河の危機 | トップページ | 魔笛 »

2007年10月 4日 (木)

バイバイ沢尻エリカ

沢尻エリカが終ってしまいました、私の中で。謝罪文を書くだけならまだしも号泣して詫びるなどありえない事です。これは彼女の不機嫌パフォーマンスが度を過ぎていた事に起因する不幸な事故と観る向きもあるようですが、私はそうは思いません。かつて一般社会と別次元に存在していた芸能界が一般社会に近づきすぎた為に起こった現象なのです。かつてテレビ放送の黎明期に「白馬童子」という人気時代劇がありました。その主人公であった山城新吾氏が番組のファンが集うイベントに出席した際、何を言っても観客が喜ぶので意図的に無愛想に振舞ったそうです。それでも観客が喜んでいるので、最後に無言で屁をたれたそうです。これにはさすがの観客も眉をひそめるだろうと思いきや、「めったに聞けないおならの音まで聞かせてくださった」と感激して泣き出す者もいたというのです。これは人々が虚構と現実の世界を認識出来、一般人の価値観、倫理観を芸能界という特別な社会の人間に強いる前の逸話です。テレビの隆盛、映画産業の衰退と共にこの二つの社会を隔絶する壁が壊れ、芸能人にも常識的な態度や生活が求められるようになり、原始シャーマンであった芸能人のカリスマ性は限りなく薄くなりました。そんな中荒ぶる神の化身、たとえそれが演出であっても、それを感じさせる唯一の芸能人が私にとって沢尻エリカだったのに・・・。今回の騒動を熱く語っている評論家諸氏の意見を聞くと、いい大人が虚構と現実を混同し、ウルトラマンと怪獣の対決を真剣に考察しているような不気味さを感じます。

|

« ファンタスティックフォー銀河の危機 | トップページ | 魔笛 »