« シュレック3 | トップページ | レミーのおいしいレストラン »

2007年8月13日 (月)

ハリーポッター不死鳥の騎士団

ハリーもロンもハーマイオニーも大きくなって、すっかりお年頃ですね。一作目から観ている子持ちのオッサンやオバサンは自分の子供の成長と重ね合わせて見ている人もいるようで、映画界の「北の国から」のような印象を受けました。今回は「例のあの人」の復活を認めない魔法界と体制派の教育者、それにハリーが敢然と立ち向かうという筋で、その中に恋あり、別れあり、意外な過去の事実ありと飽きさせない話になっています。読者の年齢層も低く、「ロードオブザリング」と比べて哲学的な深みに欠けると評されがちな当シリーズですが、より身近な問題を扱う事で多くの共感を得ている事を考えれば、それもやむ無しという気がします。一つの時代を築いた作品が必ずしも普遍的な価値を持つ物とは限らない、そんな思いを映画公開とほぼ同時に発表された最終章に群がる少年少女の映像から感じました。

|

« シュレック3 | トップページ | レミーのおいしいレストラン »