« ダイハード4.0 | トップページ | シュレック3 »

2007年7月16日 (月)

憑神

ここ数年、年間一二本は浅田次郎原作の映画を観ている気がします。それだけ映像化しやすい、って事なんでしょうか?話は維新前夜、下級武士がお参りしたお稲荷さんが貧乏神、厄病神、死神を祀ってあったから大騒ぎって筋です。浅田次郎氏は幕末の動乱にに題材を取った作品も得意のようで、彼独自の幕末史観を展開しながらファンタジックな世界へと誘ってくれます。この「憑神」はそんな作風の中に落語的なテイストが散りばめられたもので、結構楽しめました。ただ女優さんにちょっと華のある人がいなくって、監督が降旗さんで高倉健さんと男っぽい映画を撮り続けた人だけに女を撮るのは苦手なんですかね。そういえば、妻夫木君のキャラってソフトな健さんみたいですよね。実直で堅物で優しくて融通の利かない感じ、これに任侠の風味が加わると健さんになるんですが、これらを全て身にまとった役者さんはそうはいません。やっぱり「健さんの前に健さん無し、健さんのあとに健さんなし」ですね。

|

« ダイハード4.0 | トップページ | シュレック3 »