« ゾディアック | トップページ | 憑神 »

2007年7月 2日 (月)

ダイハード4.0

マクレーンお久しぶり、ということですっかり頭も禿げ上がり、いまだにCCRの曲に乗り乗りで、デジタル化の波に乗り遅れたおっさん刑事が大活躍、目を瞠るアクション、アクション、アクションの連続、面白かったです。今回はサイバーテロがテーマでアナログ人間対デジタル人間という対立軸がストーリーの背景になっていますが、過去の三作同様ホワイトカラー対ブルーカラー、指令部対現場、キャリア対ノンキャリア、様々な対立軸が入り組み、錯綜する中、マクレーンの超人的パワーが全てを飲み込んで事件を解決してしまう、という展開は健在。加えて今回は離婚後疎遠になった娘との親子の情みたいな部分もあって、思わず、がんばってぇ、とついつい応援したくなる、いい感じの話になってました。しかし、つい先日テレビで見た「ダイハード」のブルース・ウィルスが別人のようでした。あんなに髪の毛濃くて、若々しかったのにね。無常ですね。

|

« ゾディアック | トップページ | 憑神 »