« 「プルコギ」 | トップページ | リーピング »

2007年5月 6日 (日)

「ラブソングができるまで」

なんの期待もしてなくて、暇つぶしに観た映画でしたが、面白かったです。話は落ちぶれたかつてのスターが、久しぶりに巡ってきたチャンスを活かすそうと、自分の曲に詩を付けてくれる女性と行動を共にするうちに・・・。王道のラブコメです。夫婦漫才の掛け合いのようなテンポのいい会話と場面展開にちりばめられた小ネタの数々、いつの間にか恋に落ちた二人、出来ちゃったのに何故かケンカ、そして仲直りしてハッピーエンドと、これが何故いいかといいますと、落ちぶれた80年代アイドルのヒュー・グラントが情けなくていい、俺と同年代だ。映画に出てくるかつての元スターの名前も全部実名、デビー・ギブソン、フランキーゴーズトゥーハリウッド、REOスピードワゴン、リッキー・マーチン、ビリー・ワイルド他皆聞いたことのある名前ばっか。きっとこの映画はおじさん世代の応援歌風の作りになってたんでしょうね。過去の良かった時の自分ばっかり振り返るのはやめなさいと、昔の事は忘れなさいと、未来をしっかり見据えて生きるのが人生ですよと、御説ごもっとも。長い休みも終わり、明日からまた仕事です。頑張りま~す。ドリュー・バリモアが痩せてきれいになった感じでした。

|

« 「プルコギ」 | トップページ | リーピング »