« 「ハッピーフィート」 | トップページ | 「ナイトミュージアム」 »

2007年4月 5日 (木)

「蟲師」

「アキラ」で有名な大友克洋が監督した「蟲師」。大友監督の中世観みたいなものを映像化した作品です。阿部謹也先生の御専門ですが「道々の輩」である蟲師ギンコの生い立ちと彼を取り巻く人々と”蟲”の話です。映像的には彼の思うような中世の雰囲気は出せていた、と思います。その分、ストーリーに起伏がなく、とらえどころのない作品と感じた方も多かった事でしょう。中世というのは”暗黒の世界”を思わせる魅力的なテーマで、思わず手が出てしまいますね。この作品を観ながら大友監督と同じ漫画家の花輪和一氏が描いた「月の光」を思い出しました。彼の描いた世界は平板な二次元上で展開されてはいるものの三次元化された映像の世界よりも”中世”を感じさせてくれます。それはそこに描かれている世界が”我々の生きる日常と紙一重の不条理の世界”だからです。そして、そのさじ加減が作品全体の出来を分けた、気がします。

|

« 「ハッピーフィート」 | トップページ | 「ナイトミュージアム」 »