« 「アルゼンチンババア」 | トップページ | 「ハンニバルライジング」 »

2007年4月12日 (木)

「ブラッドダイアモンド」

レオ様の最新作という事で館内は女の子ばかりと思いきや、私の周りの席は親父ばかりでした。アフリカで密かに取引される”紛争ダイヤモンド”を巡って繰り広げられる二人の男達と女性ジャーナリストの物語で、国際的な貧富の格差や人種差別、人道問題等々かなりメッセージ性の強い作品でありながら、エンターテイメント性も程よくブレンドされた佳作でした。レオ様のヒゲ面が最近板についてきた感じがします。「ギャングオブニューヨーク」の頃はとってつけたようで違和感を感じましたが、ようやく様になってきました。それがかえって女性ファンを遠ざけたのなら、ちょっと痛いですね。いつまでも「タイタニック」の頃のレオ様を追っていたいのはファン心理としてはわかりますが・・・・。ジョニデのようにどんな役をやってもファンがついて来る、ってのは稀有なことなのでしょうか?

|

« 「アルゼンチンババア」 | トップページ | 「ハンニバルライジング」 »