« 「それでもぼくはやってない」 | トップページ | 「ドリームガールズ」 »

2007年2月19日 (月)

「バブルへGO」

ハアハアついに息切れしながらもゴール、て東京マラソンじゃないんだけど、やっぱり一日で四本も観たら疲れるわ。でも、この映画は疲れない映画だった。一年に何度かは必ず観ることになるタイムスリップもので、ドタバタタッチのアイドル物と、初めから何の期待もしていなかったのがよかったのかもね。広末涼子って結構かわいいしね。バブル全盛期の当時を知る者にとってはちょっと郷愁を誘われるシーンもあったりしてね。こういう映画が出来てくるって事は、日本経済がすでにバブルの後遺症を抜け出したって見方なのでしょうか?こんな半端なノスタルジック映画を作るよりも拡大する格差社会を笑い飛ばすような痛快な作品を望みますホイチョイプロダクト様。余談になりますが「私をスキーに連れてって」は初め「銀座の恋の物語」にかけて「万座の恋の物語」って題名にしようとしたらしいんですよ。でもそれじゃ「万恋」になっちゃう、ってんで止めになったとか。「万恋」じゃアベックで観れねえもんな。

|

« 「それでもぼくはやってない」 | トップページ | 「ドリームガールズ」 »