« 「シャーロットのおくりもの」 | トップページ | 「エラゴン」 »

2007年1月24日 (水)

「ディパーテッド」

十年前位にはスコセッシの監督作品が好きで楽しく観てましたが、年のせいか最近ちょっときついっす。ギトギトギラギラの登場人物にもうついていけない、って感じ。アイルランド系、イタリア系を問わずギャングの描き方が類型的過ぎてどうもね・・・。まあ、昔はそれが良くって観てたんだけどさ。まあ、宗旨替えしたのはこっちの方なんで文句もあまり言えません。この作品中一番驚いたのは、ジャック・ニコルソンがポルノ映画を上映している映画館で一物を見せたところですかね。あの使い込んだ感じの黒ずんだ一物は本物なんでしょうか?

|

« 「シャーロットのおくりもの」 | トップページ | 「エラゴン」 »