« 「エラゴン」 | トップページ | 柳沢最高! »

2007年1月27日 (土)

「ラッキーナンバー7」

「パルプフィックション」て映画ありましたよね、タランティーノの。その「パルプフィックション」に謎解きの要素を加えて、最後にちょっと甘いフレーバーを添えると、この映画になる、みたいな映画でした。全体にタランティーノ風味が漂っていて、謎解きはどんでん返し、ってほどもない程度でした。反則技だなぁ、と思ったのは主人公の回想シーンが嘘にも関わらず、実写で度々出てくる点でした。こーゆーのは、有り、なんでしたっけ?過去にあまり記憶がないんですが、黒沢明の「羅生門」は反則技のこの効果を逆に利用し、名作として名を残す事になったんですね。めでたし、めでたし。

|

« 「エラゴン」 | トップページ | 柳沢最高! »