« 「武士の一分」 | トップページ | 「シャーロットのおくりもの」 »

2006年12月31日 (日)

「硫黄島からの手紙」

今年最後に観た映画は「硫黄島からの手紙」になりました。かなり好評という事で期待しすぎたせいでしょうか?ちょっと肩すかしの感じでした。日米両方の兵士に善悪の区別なく、偏った演出もあまり見られませんでした。その事で戦争自体の非人間性を強調しようとしたところはさすがイーストウッド監督なんですが、そのせいか戦争の本質とは何かという強烈なメッセージが感じられませんでした。例えばキューブリックの名作「突撃」のような戦争の狂気、矛盾、欺瞞等々を台詞なりシーンなりで叩きつけてくるような何かが欠けていました。同じ日本人の立場から観れば、もちろんこの作品を客観視することはなかなか困難な事なのですが、一年間に観る数十本の映画の中の一本と考えればそういうことになります。前作の方が作品としては完成度が高かった気がします。

|

« 「武士の一分」 | トップページ | 「シャーロットのおくりもの」 »