« 「トゥモロー・ワールド」 | トップページ | 「硫黄島からの手紙」 »

2006年12月17日 (日)

「武士の一分」

山田洋次監督、藤沢周平原作の作品も三作目でこれが最終作だそうです。木村拓哉主演と言う事でどんな層を狙ったのか分かりませんが、あのなで肩体形には着物は似合いませんね。演技以前にそのあたりが気になりました。展開があまりに淡々としていて感情移入するポイントがぼけてしまった感があります。もう少し緊迫するかと思った果し合いのシーンもあっけなく終ってしまったような感じで、どうしても一作目の「たそがれ清兵衛」と比較してしまうのがいけないのかもしれませんが、イマイチでした。笹野高史さんが最高の演技でした。主演を完全に喰ってましたね。それと奥さん役の壇れいさんという女優さん、好みのタイプです。でもこの役はどうだったでしょうか?キャスティングが・・・残念。

|

« 「トゥモロー・ワールド」 | トップページ | 「硫黄島からの手紙」 »