« 「スネーク・フライト」 | トップページ | 「デスノート the Last name」 »

2006年10月29日 (日)

「父親たちの星条旗」

クリント・イーストウッドが監督と製作、ポール・ハギスが脚本でスピルバーグが共同製作という事で渋い戦争映画になってました。日米両国から見た硫黄島の戦闘がテーマになっていて今回はアメリカ側から見た硫黄島戦です。硫黄島攻略はアメリカ人にとって対日本戦のノルマンディ上陸作戦みたいな意味があったのでしょうか?あの「プライベートライアン」を彷彿とさせる戦闘シーンが強烈でした。実際の戦闘ではかなり生臭い行為があったと聞きます。死んだ日本兵の口から金歯を抜いて戦利品にした兵が多くいたとか、その為に半死半生の者はその場で射殺されたとか、「人命の尊重」という平時の建前がぶっ壊れて、人間が「異なる種や思想の殲滅」という本能のみで行う戦争は正に「狂気」です。その「狂気」を正当化する為に使われるのが「家族を守る為」というキーワード。しかし、このキーワードさえも「自らのDNAを拡大再生産する」という本能に根ざしたもので、人類が生存し続ける限りどこまでいっても戦争はなくなりません。その戦争につき物なのが英雄です。この映画では硫黄島のすり鉢山に星条旗を立てたことで英雄に祭り上げられた三人の男の生き方が描かれています。三人を英雄に仕立て上げたのは財務官僚で、戦争を継続させる為、戦費を調達するすべとして、国債を買うよう三人の英雄に勧誘をさせたわけです。それを出世の糸口にしようとした者、適応できずつぶれていく者、ただ成り行きに身を任せた者、それぞれが硫黄島でのフラッシュバックを交え、よく書き分けられています。さすがはポール・ハギスと言ったところでしょうか。ことさら戦争を非難するでもなく、賛美するでもない微妙な色合いの作品になってました。何が人間に戦争を起こさせ、人間はその事にどう向き合えばいいのか?そんな問いをこの映画は投げかけているような気がしました。次回作日本側から見た硫黄島「硫黄島からの手紙」が楽しみです。

|

« 「スネーク・フライト」 | トップページ | 「デスノート the Last name」 »