« 「ブラック・ダリア」 | トップページ | 「ザ・センチネル陰謀の星条旗」 »

2006年10月21日 (土)

「オトシモノ」

沢尻エリカばんざ~い。沢尻エリカだ~い好き。沢尻エリカこっち向いてぇ、って事で年甲斐もなく胸躍らせて観てしまいました。やっぱ沢尻エリカはいいわ。ウンウン。呪いのオトシモノを拾った妹を助ける為、エリカ様が奮闘するお話です。そこそこ怖かったけど女同士の友情みたいなお話もあって、後味すっきりのジャパンホラーでした。出来ればもっともっとエリカ様を徹底的に追い詰めて(たとえばあのレザーフェイスのチェンソー男みたいに)エリカファンをハラハラドキドキ、もうやめてくれ~、と絶叫させるぐらいのボルテージでつくってくれたらよかったのにと思いました。中途半端な因縁とその謎の解決という余計な筋は必要なかったのではないでしょうか?この映画は沢尻エリカがめったに見せない絶叫顔や、恐怖に怯え、目ん玉ひんむいてブルブル震えている画とか、出来れば入浴シーンなんかをちりばめて、沢尻エリカファンしか楽しめなくていい、というような確たるポリシーを持ってやって欲しかったです。

|

« 「ブラック・ダリア」 | トップページ | 「ザ・センチネル陰謀の星条旗」 »