« 「アキハバラ@ディープ」 | トップページ | 「グエムル漢江の怪物」 »

2006年9月10日 (日)

「X-MENファイナルディシジョン」

「X-MENファイナルディシジョン」観て参りました。シリーズ三作目ということで、いい区切りだと思います。仕事でも「三ヶ月三年」なんて言ってね。続けられるかどうかの目安なんですよ、三て数字はね。ということで、今回はミュータントを普通の人間に戻す為の「キュア(治療薬)」をめぐってのハルマゲドンです。前作で死んだかと思ったジーンが生きていてマグニート軍に加わる、という展開でかつての恋人やスキンヘッドの園長まで殺してしまう暴れよう。その時の顔がまた怖えーんだ。まっストーム派の私としてはどうでもいいんだけど・・・。この映画に単なるSFアクションではない深みを与えているのは、作品のテーマが「種」としての違いをミュータントと人間が個性として差別や偏見無くお互いに認識しあえるか、という点にあると思う。これは人種のサラダボウルと言われるようになったアメリカ社会が常に直面している問題なのだろう。日本においても同種の問題はある。かつてハンセン氏病の患者は生家から離され、収容所のような療養所で生活する事を強いられ、患者同士が結婚して産まれた子供は出産後すぐに葬られた、という。行政の責任を問う訴訟が起こされたが、それ以上に彼らハンセン氏病患者を差別し、社会から廃絶しようとした一般市民の罪は大きい。当時の状況においてはいくら政府が安全宣言したとしてもそれを受け入れる社会的基盤があったかどうか疑問が残る。作品中ではミュータントである事を捨てる者、ミュータントととして生き続ける道を選択する者、それぞれの思いが描かれていて好感が持てた。この映画のラストのように異なる「種」の共存が実現するのはいつになるのやら?とりあえず「X-MENファイナルディシジョン」に拍手です。

|

« 「アキハバラ@ディープ」 | トップページ | 「グエムル漢江の怪物」 »