« 「バルトの楽園」 | トップページ | 「初恋」五回目 »

2006年7月 2日 (日)

「カーズ」

「カーズ」観て参りました。先ず一言。大人泣かすんじゃねえ、ピクサー!と言う事でよく出来たアニメでした。話は高慢で上昇志向の強い主人公ライトニング.マックィーンが大事なレースに向かう移動中、さびれた街ラジエーター.スプリングスに迷い込み、そこで知り合ったクルマ達との交流から本当に大切なものは何かを知る、といった内容です。吹き替え版だったのでまわりの席は親子連ればかり。序盤、マックィーンがラジエーター.スプリングスを暴走し、最後に有刺鉄線に絡まって電柱に宙吊りになるシーンで隣席の子供が大はしゃぎ(相当通なお子さんだ)。あとトラクターが一斉にひっくり返るシーンでもゲラゲラ笑ってた(なんのパロディか、お子さんに教えを乞えばよかった?)。オッチャンである私は、只々やられた、って感じで最後は大泣き。動物を擬人化して映画を作るのはディズニーのお家芸。しかし、それをクルマでやるとは、企画のうまさに脱帽。クルマはその形、年代、用途等でキャラクターが一目瞭然、まさに人間と同じ位キャラクターの描き分け方が豊富に出来る素材だったのね(機関車トーマス見て思いついたのかな?)。自分の事のみを考え、ひたすら速く走り、競争に勝つ事だけしか関心の無いマックィーンに現代人を重ね合わせ、他人を思いやりながらゆっくり生きようよ、と諭してくれたラジエーター.スプリングスの皆様有難うです。

|

« 「バルトの楽園」 | トップページ | 「初恋」五回目 »