« 「日本沈没」二回目 | トップページ | 「ハチミツとクローバー」 »

2006年7月22日 (土)

「ラブ☆コン」

「ラブ☆コン」観て参りました。E・E・E・E・E・とってもEのでR!(俺は嵐山光三郎か?)夏休み初日とあってか、私の周りの席は女子中高生で埋め尽くされておりました。こんなに多くの女子中高生に囲まれて映画を観たのは初めて。ちょっと圧倒されたです。話はデカ女とチビ男の学園ラブコメで、人気漫画の原作を土台に「ブス恋」の鈴木おさむが脚本を担当、今までに無いタイプの邦画になってます。主人公の二人がとにかくE。特にデカ女小泉リサ役の藤澤恵麻がハマリ役、背が高くて、胸ペチャ、個性的な顔立ちで、明るく元気な外面とはうらはらに恋には臆病、そんなキャラを好演してます。不器用でけなげなリサを思わず「がんばれぇ~」って応援したくなります。その他脇役もマンガチックで笑わします。かつらマニアの臼井先生、ラッパー海坊主、人力車のアニキに舞竹先生と皆きっついキャラです。見るべきは登場人物のファッション、インテリア、セット等々美術です。色使いのセンスがポップでこの軽いノリの学園ドラマによく合ってます。この美術の部分にもっと制作費をかけられたら、かなりファンタジックな出来(例えば「シザーハンズ」のような)になったかも知れませんね。もちろんこのままでも充分楽しめる作品です。鬱陶しい気分を晴らすには最高、是非ともご覧下さい。

|

« 「日本沈没」二回目 | トップページ | 「ハチミツとクローバー」 »