« 「花よりもなほ」 | トップページ | 「ウルトラヴァイオレット」 »

2006年6月23日 (金)

「タイヨウのうた」

「タイヨウのうた」観て参りました。陽の光にあたると死んでしまう少女とその周囲の人々の話です。主演のYUI歌うまいです。しかもアコースティックギターのギターケースを重そうに持って歩くところは私のようなオッチャンには郷愁をそそられるもの有。芝居はイマイチでしたが許します。太陽はいにしえより女性の象徴とされてます。日本でも天照大神は女性。その女性の主人公が太陽に体をさらすと死んでしまう難病という設定なので、こりゃもしかしたら隠れた名作の可能性ありや、とちょっと期待しましたが・・・。難病に負けず前向きに生きようとする少女を描いているテーマには共感しますが、作品の出来は別物ですわ。ストーリーに起伏が無く、観終わってから印象に残る何かが見当たらない。もしYUIの長編プロモを作る目的で製作されたのであれば、あえて難病の少女という設定を選択することはなかったのではないかと思いました。

|

« 「花よりもなほ」 | トップページ | 「ウルトラヴァイオレット」 »