« リニューアルしました | トップページ | 映画?テレビ? »

2006年6月 7日 (水)

アン.バンクロフトに捧ぐ

アン.バンクロフトが亡くなっていたとは知りませんでした。しかも知ったのは昨日、奇しくも去年の6月6日が命日(享年73歳)だそうです。今年に入り「プロデューサーズ」(アン.バンクロフトの夫メル.ブルックス脚本、音楽、製作)を観たり、「迷い婚」(「卒業」でミセスロビンソン役を演じていたのはアン.バンクロフト)を観たりして、そういえばアン.バンクロフトどうしってかなー、と思っていたところでしたが、亡くなっていたとはショックです。しかしこう言っては不謹慎かも知れませんが、6月6日に亡くなるとは洒落がきいてる。さすがはメル.ブルックスの奥さんだと思いました。何のことかって?「オーメン」ですよ「オーメン」。6月6日6時に産まれた子供ダミアンは悪魔の子。その日に亡くなるなんてパロディ映画の神様メル.ブルックスの奥さんらしいではないですか。ハンフリー.ボガードにローレン.バコール。ポール.ニューマンにジョアンナ.ウッドワード等々ハリウッドにかっこいいカップルは数々あれど、私にとってのベストカップルはやはりメル.ブルックスとアン.バンクロフトです。どうか安らかにおやすみください。メル.ブルックス様におかれましてはくれぐれも御自愛下さいますようお願い申し上げます。

|

« リニューアルしました | トップページ | 映画?テレビ? »