« 「ウルトラヴァイオレット」 | トップページ | 「バルトの楽園」 »

2006年6月25日 (日)

「M:i:Ⅲ」

「M:i:Ⅲ」観て参りました。今回はイーサン(トム.クルーズ)が一線から身を引き、教官としての日々を送りながら結婚を決意した矢先、事件が起こります。かつての教え子が任務中に失踪、イーサンがその救出に向かったところ・・・。と、言うわけで、まあ一回観て下さい。損はしません。アクションてんこ盛り。謎解き有のどんでん返し有です。目まぐるしくロケ地が変わるのも見所でベルリン、ローマ、ロスに上海と「兼高かおる世界の旅」みたいじゃ、こりゃ。でも一言だけ、イーサンのような男になりたいかと言うと、そうではない。私的には「007シリーズ」のショーン.コネリー「ダイハードシリーズ」のブルース.ウィルスに憧れる。イーサンのキャラはそれほど男を引き付けるキャラではない。だからピンチのシーンでもハラハラドキドキ感がなく、ハンカチかみ締め、手に汗握って「がんばってぇ、イーサン」という気持ちになれない(私が四十男だからかもしれないが)。アクションの派手さに見合うキャラの強烈な何かが欠けているのかも。逆にスクリーンの外では元気キャラ爆発のトム君、離婚したと思ったら再婚、で子供が出来たと思ったら、胎児が動くのを見たくて買った医療機器の使用をめぐってトムクルーズ法なる新法ができてしまう、等々話題に事欠かない。いいなぁ、何やっても騒がれてよぉ、ちくしょーめ、っと。以上親父の嘆き節でした。

|

« 「ウルトラヴァイオレット」 | トップページ | 「バルトの楽園」 »