« 前略越智道雄様 | トップページ | 「トム.ヤム.クン」 »

2006年5月 6日 (土)

回想遊川和彦

遊川さん、遅ればせながら向田邦子賞受賞(『女王の教室』に対し)おめでとうございます。まさかあなたがこんな立派なシナリオライターになられようとは思いもよりませんでした。失礼を承知で言わせてもらいます。26年前、アシスタントディレクター当時のあなたを知るエキストラの人間であれば止むを得ない事です。あの本番5秒前を告げる時のお決まりのギャグ「きゅうり、にんじん、ゴボウ前」やディレクターからOKが出た際に言う「オッケー、オッケー、風呂オッケー」や「成功、成功、大成功、象のセックス、大成功」等々が今も頭から離れません。緑山スタジオでの仕事が早目に終わった時に何度か鶴川の駅前で飲みましたね。飲んだ時は必ず割り勘でしたね。真面目な話が苦手なのか、ただ単に出来なかったのか、話題はエロ話が中心だったようにおぼえています。例えば「エキストラの通行人は英語に訳すと歩く人だからウォークマンだな、てことは女の通行人はウォークマン○かぁ(独り大笑い)」こんな話を飲みながら延々と続けましたっけ。後日、「あの人(遊川さん)東大出てるらしいよ」という噂を聞き、マジか、と思ったものです。何はともあれアシスタントディレクターを辞められてからはシナリオライターとして順風満帆のご様子、あとはNHK大河ドラマの依頼を待つだけですね。更なるご活躍をお祈り申し上げます。PS貸したあのビデオもう持ってませんよね。

|

« 前略越智道雄様 | トップページ | 「トム.ヤム.クン」 »