« 「Vフォーヴェンデッタ」 | トップページ | 「小さき勇者たちガメラ」 »

2006年4月30日 (日)

「レント」

「レント」観て参りました。伝説のブロードウェイミュージカル完全映画化ということで、劇場は若いアベックさんで一杯でした。先ず音楽いいっす。あの分厚いコーラスは目を閉じ、聞いてるだけでも心を揺さぶります。舞台はニューヨーク、貧しくも若きアーチスト達が集うスラム街、ゲイでエイズ感染者のエンジェル、ロジャー、ミミ等の1989年のクリスマスイブから1990年のクリスマスイブまでの一年間を中心にストーリーが展開していくわけですが、テーマが重かった。映画の中では触れられませんが当時「エイズは開放されすぎた性に対して神が人間に下された罪科である」という考え方がアメリカにはあったそうです。この考え方に反発するかのように登場人物たちは反省する事無く刹那的、享楽的に日々を送り続けます。そして、そのことは人間的ということで肯定されます。それはラスト近くミミの蘇生という形でしめくくられ、愚かで脆く移り気な人間同士の愛が全知全能の神の愛を超えた、という帰結になるんですが・・・。確かに感動的です。人間賛歌です。業の肯定です(立川談志か俺は?)いいんです。なんですが、隣のアベックさんの女性が席を立つ時に漏らした「日本人にはわからない世界ね」その言葉に同感でした。

|

« 「Vフォーヴェンデッタ」 | トップページ | 「小さき勇者たちガメラ」 »