« 「ミュンヘン」 | トップページ | 「クラッシュ」 »

2006年3月22日 (水)

WBC優勝おめでとう、って事で

WBC優勝おめでとうございます。って事で今回は極私的スポーツ映画ベスト3でございます。先ず3位、「ロッキー」でございますよ。言わずと知れたスタローンの出世作、このシリーズの記念すべき一作目、これが「ロッキー」の始まりであり、終わりでした。続いて2位は「フィールドオブドリーム」、かつて八百長試合の疑いをかけられ、メジャーリーグを追放された往年の名選手シュウレスジョーの話を織り込みながら観るものを幻想と感動の世界へ引き込む渋い作品でありました。そして第1位の栄冠に輝いたのは・・・。ダラララララララダッ(ドラムロールっす)「ロンゲストヤード」名匠ロバート・アルドリッチ監督、バード・レイノルズ主演、男くささ120%の快作でした。見ものは看守と囚人達が戦うアメフトのシーン、これは必見です。ラストが又泣かせるんだ、これが。近々リメイク版が上映されるとか、今から楽しみでーす。

|

« 「ミュンヘン」 | トップページ | 「クラッシュ」 »