« 青春アミーゴとスコセッシとホリエモン | トップページ | さらば愛しき名画座 »

2006年1月25日 (水)

短いロングラン

『ハリーポッター炎のゴブレット』が公開から二ケ月程経ちました。これを評して「へえ、まだやってんだ。長いねえ」と言う何気ないつぶやきを映画館で聞きました。つぶやきの主は二十代の女性。ここで昔話をひとつ。三十数年前の事、私が初めて観た映画はブルース・リーの『燃えよドラゴン』でした。映画館は現在改装中の東急文化会館の渋谷東急だったか渋谷パンテオンだったかと思います。これがきっかけで映画にのめりこむようになった訳で、計五回観ました。といっても二ヶ月の間に五回観たのではありません。二年の間に五回観たのです。つまり昔、三十数年前にはひとつの劇場で同じ映画を二年以上上映し続けていたのです。信じられます?

|

« 青春アミーゴとスコセッシとホリエモン | トップページ | さらば愛しき名画座 »