« 『フライトプラン』のあのシーン、誰か教えて | トップページ | ちょっと長めに『博士の愛した数式』について »

2006年1月30日 (月)

今日は淀川長治について書く

今日は淀川長治先生について書く。なぜなら三十年位前の月曜八時から九時の間、TBSラジオで淀川先生が番組をやっていたのを思い出したからだ。淀川先生の映画解説はそれ自体がひとつの話芸になっていた。他に現代の話芸としてはやはりTBSラジオの小沢昭一の『小沢昭一的こころ』と稲川淳二の怪談話が双璧だ。未だに淀川長治を超える映画語りはいない。斎藤龍鳳も特異な映画解説者であったが、映画語りとしては淀川先生には及ばない、と思う。斎藤氏の生の解説を聞いた事がないのでわからない。御免。解説者諸兄、映画解説者ではない映画語りとして我と思わん方は名乗りをあげよ。

|

« 『フライトプラン』のあのシーン、誰か教えて | トップページ | ちょっと長めに『博士の愛した数式』について »