トップページ | 2006年3月 »

2006年1月31日 (火)

ちょっと長めに『博士の愛した数式』について

映画は「ルート」というあだ名の数学教師の自己紹介から始まる。自分の母親が「未婚の母」であった事、家政婦をして生計を立てていた事が語られ、その母が働きに出た先の博士の事に話が及ぶ。博士は十数年前、義姉と同乗していた車で交通事故を起こした。其の時の後遺症の為、事故以前に体験した事の記憶はあるものの、事故後については八十分間で全ての記憶が消失してしまうという状態だ。ここで観客は「もし八十分間しか記憶が保てないとしたらあなたはどうしますか」という問いを投げかけられる。この問いに対する現実的な答えは先ず「食えない=生活できない」であるが、映画の中で博士は富裕な義姉の援助によって生活を保証されているのでこの点に関しては考えなくても良い。形而上の世界でこの問いに答えれば良い。前述の問いはこうも言い換えられる「人生とは時間の連鎖とそれに付随する記憶によって成立しているのですか」と。物語は博士と家政婦、そして家政婦の息子「ルート」の三人を中心に展開する。博士は好人物として描かれている。学者特有の気難しさと偏屈なところはあるが思いやりがあり、子供好きで、阪神タイガースのファンである。寺尾は博士を好演している。一方深津絵里演ずる家政婦も好人物である。自分の仕事に誇りを持ち、周囲の力を借りる事無くけなげに明るく一人息子を育てている。これも深津の好演である。家政婦は博士に次第に好意を持つようになる。それは師を慕う感情に似ている。「ルート」も又博士を慕っている。ある日、博士と野球の練習中に怪我をした「ルート」はそのまま病院に運ばれる。病院に駆けつけた深津の気持ちをなだめようと博士は深津に直線を書かせる。ここが冒頭の問いに関するヒントになっている。深津の書いた線を見、博士は言う。直線とは本来無限であり、君の書いたのは線分である、しかしこの線分は君にとっての直線=無限=永遠であると。深津と博士と「ルート」の関係は親密さを増し、擬似家族の様相を帯びてくる。この状態に義姉は心穏やかではない。義姉と博士の間には過去に肉体関係があり、堕胎までした事が明らかになる。義姉はこの過去をずっと引きずっており、博士との関係はこの事により必要以上に疎遠になっている。義姉は一旦家政婦を解雇するが結局「ルート」の行動により再び呼び戻される。冒頭の問いに対する答はこうである。「人生において記憶の永続性は必ずしも重要ではない。真理を得た一瞬こそが永遠であり、その真理=永遠は胸の中にあるのだ」と。作品全体に哲学的な硬質な印象があるが、寺尾、深津二人の好演により、その印象は和らげられている。しかし、本来は脚本のレベルで解消されるべき問題だと思う。博士の特異なキャラクタを存分に活かすことが出来れば、更に感情移入出来る作品に仕上がっただろう、そう思うと残念である。佳作であることには間違いない。

|

2006年1月30日 (月)

今日は淀川長治について書く

今日は淀川長治先生について書く。なぜなら三十年位前の月曜八時から九時の間、TBSラジオで淀川先生が番組をやっていたのを思い出したからだ。淀川先生の映画解説はそれ自体がひとつの話芸になっていた。他に現代の話芸としてはやはりTBSラジオの小沢昭一の『小沢昭一的こころ』と稲川淳二の怪談話が双璧だ。未だに淀川長治を超える映画語りはいない。斎藤龍鳳も特異な映画解説者であったが、映画語りとしては淀川先生には及ばない、と思う。斎藤氏の生の解説を聞いた事がないのでわからない。御免。解説者諸兄、映画解説者ではない映画語りとして我と思わん方は名乗りをあげよ。

|

2006年1月29日 (日)

『フライトプラン』のあのシーン、誰か教えて

先ほど書き忘れましたけど、『フライトプラン』を観た人がいたら教えてもらいたいのです。冒頭のシーンでジョディが見た隣家の窓の二人組みはいったい誰で、どうしたんでしょう。ただの勘違いにしても、飛行機の中でのアラブ人に対するジョディのキレッ振りもやはり911以降のアメリカ人の気持ちを代弁するものなのでしょうかね。

|

『フライトプラン』と『博士の愛した数式』

今日たてつづけに二本観ました。『フライトプラン』はジョディ・フォスターの頑張る母親役がキマッてて初めの方はテンポが良いんだけど、アレっと思うほどいきなり謎が解けてしまって其のあとは拍子抜けと言った感じ。もう少しタメが欲しかった。『博士の愛した数式』は作品全体に哲学的なテーマや言葉が散りばめられている為か、硬質な印象が拭い去れなかった。深津絵里と寺尾聡の演技が軟らかさを与えているが、脚本にもう一工夫あれば、もっとテーマがすんなり入ってきたかも。

|

2006年1月27日 (金)

ロン・ハワードのこと

『ダヴィンチコード』が映画化されるとのことで、『スパイダーマン』以降ヒット作の無いソニーの社運を賭けた大作だそうです。主演はトム・ハンクス監督はロン・ハワードです。ロン・ハワードも駆け出しの頃は『スプラッシュ』や『ハワードザダック』等軽妙なタッチの作品で楽しませてくれましたが『アポロ13』あたりから本筋の監督になってきたように思います。彼は元々役者でジョージ・ルーカスが監督した『アメリカングラフィティ』の主演だったんですよね。当時のパンフレットか何かの紹介欄に、将来は監督志望、と書かれてましたが、こんな大物監督になるとは驚きです。『アメリカングラフィティ』で思い出しましたが、ロン・ハワードが恋人役のお相手とカップルで卒業パーティーに登場するシーンで、お相手の彼女の事を司会者が紹介するカットがあるんですが、その字幕が、応援団長、となっていました。当時は、チアガール、という言葉が一般的ではなかったんですね。私は、応援団長、と言えば、学ランを着たひげ面の大男のイメージしかなかったので、奇異な印象を受けたのを憶えています。何はともあれ『ダヴィンチコード』が良い出来でありますように。ソニー幹部様ともどもお祈り申し上げます。

|

2006年1月26日 (木)

さらば愛しき名画座

今から三十年程昔、私の楽しみは休日、名画座に映画を観に行く事でした。名画座を御存知ない方の為に少々説明致しますと、名画座とは過去の名作と言われている映画や、封切り館で見逃してしまった賞味期限切れの新作を安い料金で観れる映画館の事です。二番館とも呼ばれ、あまりきれいなところはありませんでした。私は自由が丘、渋谷、新宿、飯田橋あたりによく通いました。確か渋谷の名画座で「カサブランカ」と「哀愁」の二本立てを観た時だったと記憶してしていますが、「カサブランカ」のラストシーンで五十がらみのおじさんが立ち上がり、感極まった声で「いよっ!ボギー日本一」と叫んだのです。そして、それに続いて他の客達から大きな拍手が湧き上がったのです。皆、いいおっさんばかりでした。このように名画座には同じ好きな映画を観に来ている人達の同窓会的雰囲気が溢れておりました。その後、名画座はビデオの普及、バブル期の土地高騰などでほぼ絶滅状態となってしまいました。それと共に名画座に集まっていたあの無邪気な大人達も姿を消したように思えます。そして無邪気な子供も・・・。

|

2006年1月25日 (水)

短いロングラン

『ハリーポッター炎のゴブレット』が公開から二ケ月程経ちました。これを評して「へえ、まだやってんだ。長いねえ」と言う何気ないつぶやきを映画館で聞きました。つぶやきの主は二十代の女性。ここで昔話をひとつ。三十数年前の事、私が初めて観た映画はブルース・リーの『燃えよドラゴン』でした。映画館は現在改装中の東急文化会館の渋谷東急だったか渋谷パンテオンだったかと思います。これがきっかけで映画にのめりこむようになった訳で、計五回観ました。といっても二ヶ月の間に五回観たのではありません。二年の間に五回観たのです。つまり昔、三十数年前にはひとつの劇場で同じ映画を二年以上上映し続けていたのです。信じられます?

|

2006年1月24日 (火)

青春アミーゴとスコセッシとホリエモン

唐突ですが、『青春アミーゴ』って良い曲ですよね。幼馴染のラテン系チンピラ二人組が憧れの街で成り上がった末散っていくみたいなドラマが歌の中に詰まっていて、何度聞いても飽きない曲です。この曲をBGMに、私の頭の中にはマーチン・スコセッシの『スカーフェイス』や『カジノ』や『グッドフェローズ』の場面が浮かんでは消え、浮かんでは消えしています。特にジョー・ペシのあのキレ演技はなかなか記憶から消えてくれません。肥大化したエゴに押し潰されていく男の役をやらせたら最高の役者です。そうこうするうちにライブドア幹部逮捕のニュース、株転がしで成り上がった末、逮捕された面々は、やはり歌や映画の世界は絵空事、そう思わざるを得ない普通の人の顔でした。

|

トップページ | 2006年3月 »